横浜市西区の 心療内科・精神科 はぎもとクリニック

はぎもとクリニック
〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸2-5-22 福井第2ビル3階
 
電話番号
横浜駅 徒歩5分
※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

トップページ»  強迫性障害・社交不安障害

強迫性障害・社交不安障害

強迫性障害

自分でも無意味、不適切と感じるような考えが繰り返し頭に浮かんできてしまう症状です。

たとえば、
外出の前に何度も火の始末を確認する。

鍵をかけたかどうか気になってしまう。

電車の吊革につかまると手を洗わずにはいられない。


等の不安がみられ、それらを打ち消そうと、一日中確認行為を繰り返したりします。
このため日常生活に大きな支障を来たす事になります。

薬物療法や行動療法を行い焦らずに治療を行っていきます。

社交不安障害

社交不安障害とは、

「人と接する場面で、注目されたり、恥をかいたりするのでは、ととても不安になる」

「人前で発表する時にひどく緊張し、動悸がしたり、大量に汗をかいたり、顔が赤くなったりしてしまう」

「会議や会話をしている時に遠慮してしまい、自分の意見を言えず、自己主張が出来ない」


大勢の人が見ている前で何かをする、初対面の人に会うのが苦手で緊張する。
その緊張や不安が強すぎるために、 人と接する場面を避けるようになったり、
仕事の範囲が狭まったりと社会生活や仕事に支障を生じている状態です。

社交不安障害は、主に思春期など若い頃からみられるため「性格の問題」と勘違いされ、
慢性化するとうつ病などの他の病気を引き起こす原因になります。

薬物療法や精神療法で症状が良くなる心の病気です。